40才以上 剛毛 池袋


筆者「もしや剛毛、芸能界で有名でない人って40才以上、サクラのアルバイトをしていることが沢山いるのでしょうか?」
E(某芸能人)「そうじゃないでしょうか。サクラでお金を手に入れるって、40才以上シフト他に比べて自由だし、40才以上僕たちみたいな40才以上、急に代役を頼まれるようなタイプの人には丁度いいんですよ。読めない空き時間にできるし40才以上、めったにできない経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「ありがたい経験になるよね、剛毛女性のキャラクターとして演じるのはなかなか大変だけど我々は男目線だから、40才以上自分が言ってほしいことを相手に送ればいい訳だし、剛毛男の心理はお見通しだから40才以上、男もころっと食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男性)「逆を言うと、40才以上女性のサクラをやっている人は利用者の心がわかってないから正直下手っすよね」
筆者「女性のサクラ以上に池袋、男性がサクラをやる方が向いているのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「はい40才以上、そうです。より良い成績を残しているのは大体男性です。といっても40才以上、僕は女のキャラクターを演じるのが上手じゃないので、剛毛いつもこっぴどく叱られてます…」

ついに40才以上 剛毛 池袋に自我が目覚めた

E(芸人の人)「お分かりの通り40才以上、うそつきがのし上がる世ですね…。女性になりきるのが思ったより大変で…俺らも苦労してます」
筆者「女キャラクターを作るっていうのも40才以上、色々と苦労するんですね…」
女の子のキャラクターのどうやってだましとおすかの話が止まらない一同。
その話の中で40才以上、ある言葉を皮切りに剛毛、自称アーティストであるというCさんに好奇心が集まったのです。