レスビヤン セフレ


筆者「もしかすると、芸能界に入るにあたって下積み中の人って、サクラでお金を作っている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(芸人の一人)「そうだと思われますね。サクラの役って、セフレシフト他ではみない自由さだし、僕みたいな、セフレ急にオファーがきたりするような職に就いている人には丁度いいんですよ。不規則な空時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(某有名アーティスト)「経験になるよね、女性のキャラクターとして演じるのは難しいけど自分は男目線だから、自分の立場から言われたいことを相手に言えばいい訳だし、男の気持ちをわかっているから、セフレ相手もやすやすと食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男性)「逆を言うと、女の子でサクラの人は男の心理がわかってないからぶっちゃけ下手くそっすよね」
著者「女性のサクラより、男性のサクラが優秀なのですか?」

わたくし、レスビヤン セフレってだあいすき!

D(芸能事務所在籍)「そうかもしれないですね。優れた成績を残しているのは大体男性です。だけどセフレ、僕は女性の役を作るのが苦手なんでセフレ、いっつもこっぴどく怒られてます…」
E(某芸人)「もともと、セフレ正直者が馬鹿をみる世界ですからね…。女性になりきるのがなかなか大変で…俺も頑張っているんです」
ライター「女性になりきってやり続けるのもレスビヤン、色々と苦労するんですね…」

東洋思想から見るレスビヤン セフレ

女の人格の作り方に関しての話が止まらない一同。
話の途中で、レスビヤンある発言を皮切りに、アーティストと自称するCさんに視線が集まったのです。
D(キャバ嬢)「ブランド物のバッグとかセフレ、気前のいい人多いですよ。わたしとかは、レスビヤン何人かまとめて同じもの欲しがって自分用とほかはオークションに出してるよ」
筆者「…ショックです。もらい物なのにどうなるんですか?」
D(ナイトワーカー)「ってか、レスビヤンふつうオークションだしますよ。取っておいてもホコリ被るだけだし、セフレシーズンごとに変わるので物を入れるためのバッグもうれしいんじゃない?」
E(十代、国立大在籍)聞きたくないことかもしれませんが、セフレDさん同様、セフレ私も質に流すタイプです」
C(銀座のサロンで受付担当)「レスビヤン セフレを使ってそんな儲かるんですね…私は一回もプレゼントなんてもらいませんでした」
筆者「Cさんは他の人とは違う経験をしているみたいですね。レスビヤン セフレ上でどういった人といましたか?
C「高級レストランすら相手にねだったりはしてないです。ほとんどの人はパッとしない雰囲気で、レスビヤンフィーリングとか気にしない人たちでした。わたしなんですが、レスビヤン セフレに関しては恋活のつもりでメッセージ送ったりしてたのにいきなりセックスするのはムリですね。
筆者「レスビヤン セフレを使って、どんな出会いを出会いたいんですか?
C「一番の理想は、セフレ言えば、レスビヤン医者とか法律関係の方とか国立大学に在学中の優秀な男性がいいです。
E(国立大に在学中)わたしはですね、セフレ国立って今通ってますけどレスビヤン、レスビヤン セフレ回ってても、エリートがまざっています。とはいえ、おすすめする相手でもない。」
レスビヤン セフレを見ると、セフレオタクについて嫌う女性がなんとなく優勢のようです。
アニメやマンガがアピールしているかに見える日本であってもレスビヤン、まだ単なる個人の好みという感覚はもののようです。