愛犬と一緒に海水浴を楽しみたい!でもその前に知っておいていただきたいこと

shutterstock_412252936

暑い日が続くと気分転換したいのは人も犬も同じではないでしょうか。
夏と言えば海水浴を思い浮かべますが、犬と一緒に楽しむにはいくつか知っておいた方が良いことがあります。

海水浴場の半数以上がペットNG

shutterstock_266403698

まず行こうと思っている海水浴場がペットOKかどうか確認しましょう。場所によっては海に入るどころか散歩すら駄目だというところもあります。
愛犬家としては納得いかないかもしれません。

しかし世の中にはいろいろな人がいます。
犬にアレルギーを持っている人や犬嫌いな人もいます。
仕方のないことですし、愛犬家ならばそのくらいのことで怒ってはいけません。

リードで繋いでおかないと大変なことになることも

shutterstock_294270650

せっかく広いビーチに来たのだから犬を思いっきり走らせたいと思う方も多いでしょう。
しかし犬はリードで繋いでおきましょう。

これにはいくつか理由があります。
まずは前記したように犬嫌いな人などの近くに犬が行ってしまわないようにするため。

犬がビーチにあるボールやパラソル、その他のものを壊してしまう可能性があるため。犬が落ちているものを拾い食いしないため。など数え上げたらキリがないくらいです。
リードで飼い主のそばを歩かせるのは愛犬家を自認するならばマストです。
あなたの愛犬のためでもあります。

愛犬の為に ≫ ドッグフード おすすめ

ビーチの熱や塩など海独特のことに注意

shutterstock_163401692

人間でも海水浴中に熱中症になってしまうことがあるほど、近年の夏は暑いです。
犬は人間よりも地面に近いところにいます。
地面からの照り返しの熱に注意しましょう。

また裸足であるため、肉球をやけどしてしまうこともあります。
犬が肉球をなめている様子があったら早めにチェックしてみましょう。
もし普段と少しでも違う様子ならば獣医さんに診てもらいましょう。
塩も大敵です。
愛犬の体に潮風などで塩がついて、そのまま放っておくと皮膚炎になってしまう恐れがあります。
できれば真水で愛犬を洗える設備のある海水浴場を選びましょう。

また海に入った場合、愛犬が塩水を飲んでしまうことがあります。
あまりにひどいと下痢になってしまうこともありますので、この場合も早めに獣医さんに相談しましょう。
他人に迷惑をかけない、犬の様子を気遣う、愛犬家として当然のことです。
あなたの行いが良くないとますます犬嫌いな人が増えてしまうかもしれません。
愛犬と遊べる場所が増えるためにも、愛犬家としてルールを守りスマートにふるまいましょう。